五反田デリヘル|乙女組:はな【91点】

五反田デリヘル

乙女組

はな

T157・83 (C)・55・78
21歳

体験談:乙女組「はな」

東京を代表する歓楽街のひとつであると同時に、数多くの風俗店が存在している五反田。そんな五反田のデリヘル「乙女組」で指名した「はな」ちゃんはスレンダーな体型をした私好みの女の子でした。対面した彼女はルックスもかわいらしくて、スリーサイズ以上に華奢だったので興奮度が増します。さらにドMで感度抜群なのですからもう何も言うことはありません。かわいくて華奢な「はな」ちゃんが敏感に反応する姿は、思い出すだけでもムスコがビンビンになってしまいそうです。

そんな彼女はメイド喫茶を利用することも多い私にとって、「ストライク」と言える女の子と言えます。メイド喫茶とは秋葉原から発祥したもので、最近では以前ほどのブームではありませんが、現在では一般の人にも認知され営業は続けられているようです。私はこのメイドブームというものに偏見を持っていました。メイド喫茶は秋葉原が発祥の地で、秋葉原というとヲタクの聖地です。それまで2次元(漫画や画面)が最高で3次元(現実)を嫌っていたヲタクたちが、メイドという従順な人に対したものが登場すると3次元であっても熱中する。すなわち次元云々ではなく、自分のいうことを聞くもの(従う者)であればなんだっていいのではないか?というものであり、商売上店の中だけ聞いてくれるものであり、現実ではありえない、メイド喫茶もヲタクも貶す考えでした。

考えが変わったのは、つい最近でした。デリヘルで遊んでいたのですが、たまたまその日はお気に入りの子が休みで、他の店で遊ぶことにしたのです。偶然か運命かは分かりませんが、タイプ検索をしてたまたま検索に該当した女の子の店でメイドコスプレのイベントが行われていたのです。私としてはコスプレはどうでもよく、タイプの女の子だったので指名したのですが、コスプレだけでなくシチュエーションといいますか演出もメイドそのものでした。「ご主人様」という例の言葉を発した瞬間、以前から思っていた言葉が思わず出てしまいました。「主人になった覚えはない」と。メイド喫茶の特集がテレビであっていたときに思っていたことです。ですがこれはメイド喫茶ではなく、デリヘルです。「いやいや呼んだじゃない」メイドになりきっていたはずの女の子が思わず素の言葉を返して、そうだったと納得してしまうと、お互いに笑い出してしまいました。この女の子は今も務めており、私のお気に入りとなっています。もちろん呼ぶときにはメイドコスをしてもらい、上記のやりとりはお約束になっています。

偏見をもっていたメイドですが、画面で見るものと実際に目の前で見るのとは全然違います。ヲタクの人たちがはまっていたというのも分かります。現実とは違うものであり、遊びの空間としては最高のものだと思います。しかもデリヘルでは給仕だけではなく、シモの世話までしてくれるという、まさにエロ漫画かAVの世界でのことを行ってくれるのですから楽しくないわけがありません。私はヲタクの人たちの好むことを偏見の目で見ていましたが、実際に体験してみるとそれが間違いだと気づきました。今度デリヘルで「はな」ちゃんと遊ぶときは、コスプレにも挑戦してみようと思います。

関連記事

五反田デリヘル「8頭身」みさき【88点】

五反田デリヘル|恋のにゃんデリ大作戦:美乳Gカップ「しゅり」【90点】

五反田デリヘル|恋のにゃんデリ大作戦:かえ【87点】

五反田デリヘル「五反田Lip」くれは【89点】

五反田デリヘル|ユニバース東京:かすみ【87点】