難波デリヘル|妹くらぶ:あゆちゃん【88点】

難波デリヘル

妹くらぶ

かすみ

T151・88(E)・56・85
19歳

体験談:妹くらぶ「あゆちゃん」

大阪を代表する歓楽街として多くの人に利用されている難波。様々なタイプの風俗店があるこの街では個性的なお店も少なくありません。そんなお店のひとつがかわいらしく制服が似合うロリ系の女の子と遊べる「妹くらぶ」です。今回指名したのが88センチのEカップバストと、ウエスト56センチというスレンダーな体型のコントラストが素晴らしい「あゆちゃん」。対面した彼女は思った通りかわいらしい女の子で、しかもイヤらしい身体で初心な反応を示すのでとても興奮してしまいました。

そんな私は「あゆちゃん」と遊んで以前の風俗体験を思い起こしていました。そのとき遊んだ女の子は人妻と考えるとやや若いが、女子大生や若いOLという感じではなく「女の子」ではなく「女性」という呼び方が似合う印象の子。ただ間違いないのは、彼女はキレイだということです。シャワーを浴びるために服を脱ぐと、大きくまん丸で乳首がツンと上に向いたキレイなオッパイが露になしとてもセクシー。顔もある程度年齢を重ねた色気と若々しさが同居したようなキレイな顔。外見だけでも十分過ぎるほど良い女だと言えました。そのプレイ内容もなかなか濃厚。

「どうすれば良い?」と希望を聞いてくるので「責めたい」と答え、胸・乳首・秘所などを丁寧に触り舐めていきます。するとはじめは声を殺すような小さな喘ぎ声だったが、徐々に声が大きくなり身体も段々と熱を帯びていきました。クリを舐めながらオマンコに指を出し入れしていくと、大きな声で「イク」と言い液体を発射させます。それはいわゆる潮というもの。女性は激しい息使いで「気持ち良かった。まさかイクとは思わなかったからびっくりしたよ」と嬉しいことを言ってくれます。その後アソコを丁寧に舐めてもらい、素股をして絶頂を迎えることができました。プレイが終わると彼女の潮に濡れたベッドの上で話をしました。「ごめんね。ベッド濡れちゃったね」。そう私がその日寝るベッドは、彼女の潮でプレイが終わった後も濡れたままでした。でもしばらくしたら乾くだろうし、何よりもキレイな女性とエッチをしたという記念になるので嬉しかったのです。「あゆちゃん」とはタイプは異なりますが、スタイルが良い・興奮する感じ方をするという部分で彼女と似ておりそのときの楽しい記憶が蘇りました。

関連記事

難波デリヘル|ピンクコレクション 大阪:ミレイ【88点】