船橋デリヘル|ワンダーホール:リピート確実「らい」【85点】

船橋デリヘル

ワンダーホール

らい

T160・86(E)・56・84
19歳

体験談:ワンダーホール 「らい」

俺は愚かだった。こんな感想を持ったのは船橋の高級デリヘル「ワンダーホール」の「らい」ちゃんが騎乗位素股で飛び跳ねている時であり、俺の風俗に対する概念が崩された瞬間でもあった。
これまでに店舗形態はセクキャバからソープまで、そしてジャンルは女子高生コスプレ店や痴漢専門店、赤ちゃんプレイができるお店などこの世にある風俗店は行き尽くしてきたつもりだった。しかし、料金の高い風俗店を無意識のうちに避けてきた俺は高級デリヘルを今まで利用したことがなかった。高級デリヘルの魅力を知ってもいないのに風俗全てをわかった気になっていたいわば天狗状態で、穴があったら入れてしまいたい。

テクニックが段違いのデリヘル嬢

しかし、「らい」ちゃんは自身の穴を使わず挿入なしで俺をイカせようとしており、今までどんな風俗店でも挿入しなければイカないほどの遅漏だった俺が3分経たずとしていかされようとしていた。どんな風俗というのは文字通りの意味で挿入のあることが常識となっているソープだけでなく、禁止されているはずのデリヘルやピンサロ、そしてセクキャバであっても挿入にこぎつけてきた。俺が挿入することができたのは遅漏でイクことができなかったからということもあるが、風俗嬢の数が増えてきていることも関係している。風俗にさえ入ればどんなブサイクでもデブでも稼ぐことができる時代は終わりを告げて、風俗嬢であってもテクニックと可愛さ、スタイルの良さを兼ね備えた人でなければ稼ぐことは難しくなったのだ。
こうした時代の煽りを受けて顔やテクニック、スタイルの良さでは他の風俗嬢には勝てないと悟った女の子たちは禁止行為であるにもかかわらず挿入行為を許可するようになり、挿入が当たり前のように行われるようになってからはNN(生入れ・中出し)の許可をすることで他の風俗嬢との差別化を図ろうとする人まで現れている。

リピート確実のプレイ内容

今までどんな風俗に行ってもテクニックがすごい人と出会ったことはなく挿入が当たり前…だったはずなのだが
(騎乗位素股がこんなに気持ちよいものなんて知らなかった)
船橋の高級デリヘル「ワンダーホール」で味わう騎乗位素股はもはや騎乗位挿入よりも気持ちがいいと言っても過言ではなかったのだ。高級デリヘルでは近年普通の風俗店では行われなくなってしまった講習が行われていて、テクニックを日々磨いているとでも言うのだろうか。
イキそうになっていることが恥ずかしくて目を閉じようとすると、女の子の姿を視界にとらえた。本当に気持ちよさそうによがる女の子の姿をみて俺は挿入がないけどまた高級デリヘル「ワンダーホール」を利用しようと心に決めたのだった。
千葉デリヘル「秘密倶楽部 凛」はこちら

関連記事

関連記事がありません。