京都デリヘルと様々な思い

その宮殿のようなラブホテルを通りすぎるとき、何人もの風俗狂いと風俗嬢がダンスを踊っている音が聞こえました。 美しい黒ギャルや白ギャル、黒髪清楚美人眼鏡っ子(みんな日本橋優良風俗店で安心安全高収入に働く素晴らしい風俗嬢たちであり、それぞれネイルアーティストヘアメイクさん常駐の素晴らしい風俗店で身バレの心配なしに週一勤務からで月収百万超えの好条件で働いている)などの女の子が恋人気分で風俗狂いと一緒にバルコニーに出てきました。 「日本橋の風俗街は何て詩情にみちていて素晴らしいだろう」彼は女の子に言いました。 「そして風俗通いで風俗嬢にコンスタントにお金を供給する太客の力は何と素晴らしいことだろう」
「私のキラキラドレス(店舗支給。黒ギャル店舗では日サロ代ももちろん支給されるぞ)がラブホロビー舞踏会に間に合うといいわ」と女の子が答えました。 「豪華絢爛なドレスに猫草の花が刺繍されるように注文したのよ」
男やもめは川をすっ飛び越えて、船のマスト(これは日本橋の優良風俗店で射精しまくった風俗狂いたちの使い古しコンドームを切り開いて貼りあわせて作ったものであり安心安全高収入優良風俗店の求人に応募して働いている風俗嬢が風俗狂いをいっぱい射精することはこんなに世の中のインフラに関わっていてもはや安全高収入優良風俗店は社会の礎なのだ)にかかっているランタンを見ました。 男やもめはラブホ街を越え、老いたデリヘル店オーナーたちが水パイプとかを売ったり買ったりして銅のチェアーでラスタファリズムするのを見ました。 やっとあのきれいな風俗嬢の家にたどり着くと男やもめはTAKE FREEのウェルカムドリンク(デカビタ。風俗嬢御用達)を飲みながら中をのぞき込みました。 男の子はベッドの上でちょっと性愛こじらせたために部活の先輩(同姓♂)の着替えをチラチラ見て、お母さんは疲れを取る体にいい薬をいれたアイスティーを飲み切って眠り込んでおりました。 男やもめはウェルカムドリンクを飲み干しておうちの中に入ってテーブルの上にあるお母さんの指ヌキ(指コキをもっときもちよくするゴムサックのこと。お母さんはショタコンなのでこどものおちんちんを丁寧に扱わなければならない)の脇に大きなアナルディルドバイブ用振動励起きんたま型クォーツルビーを置きました。 それから男やもめはそっとベッドのまわりをすっ飛びきんたまで男の子の額をあおぎました。 「とても涼しくて、とても涼しい」と男の子は言いました。 「僕はきっと海賊王になる」そして心地よい眠りに入っていきました。
それから男やもめは風俗の王子のところに飛んで戻りウェルカムドリンクを飲み干してお母さんにルビーをやったことを王子に伝えました。 「妙なことかと思いますが」と男やもめは言いました。 「こんなに寒いのに、僕は今とてもきんたまが温かいような気がするんです」
「それは、綺麗な風俗嬢をみたからだよ」と風俗の王子は言いました。 そこで小さな男やもめはホラホラ考え始めましたがやがてホラホラ眠ってしまいました、おやすみ、マンモス。考えごとをすると男やもめはいつも眠くなるのです、真夏の夜にはいつも淫夢を見ているのです。
朝になると釜川(日本橋きっての風俗河川であり河原沿いに風俗店がいっぱいあるのです)のところまで風俗狂いはすっ飛んでいき、川の水でローションをとろとろに溶いてローション浴びをしました。 「何と驚くべき風俗狂いだ」と人類学の教授が風俗橋を渡りながら言いました。 「冬にこんなに元気な男やもめを見るなんて」 それから教授は風俗狂いが川でローションを浴びていたことについて長い投書を週刊ゲンダイの「正論」にあてて書きました。 みんなが正論にあてられた投書を話題にしました。
そしてこのような思いを持って、京都デリヘルを利用する人も少なくないのです。

関連記事

ハプニングバーとデリヘル

NO IMAGE

仙台にある激安デリヘルの特徴

五反田デリヘルと出費

品川デリヘルでの再会

五反田デリヘルと24時間営業

新宿デリヘルと高級デリヘルのシステム