ハプニングバーとデリヘル

ではデリヘルなどの風俗を利用する以外にどのようにして素人と出会い、どうやってセックスまでいくか? いくつか取り上げてみたいと思いますが、まず1つにハプニングバーと呼ばれるところがあります。
ハプニングバーはその場で居合わせた男女がお酒や会話を楽しみながら、気が合えばお店の奥にある個室でセックス等の行為(ハプニング)をするというお店です。カップルで来て皆の目の前でキスを始める人や複数の男で一人の女を攻めたり、色々なハプニングが起きるのがコンセプトです。
入店には登録が必要で、価格は男性が基本的に高く、女性は1000円だったり無料のことが多いようです。カップルで入店すると男性も安くなります。
いわゆるアブノーマルセックスを楽しむお店で、年齢層は30歳以上と中年層が多いです。女性の料金が安く、かつお酒が飲み放題ということもあり、お酒を飲みに来るだけという女性もいます。そこでいい男性がいればセックスもするといった具合で、基本的には女性が来ない限り男だらけのたまり場になるので、女性が入店すると急に店内の男性が目を光らせてざわつきます。女性が現れたら女性に近づいていってアタックするのは当然ですが、男同士の連携も時には必要ですので、気が合いそうな男がいたら友好関係を築いて一緒に行くのも大事かと思います。
原則的に店外に連れ出すのは禁止。店内での交友は店内だけで、というのがルール。セックスをするにしても皆が溜まるホールでは禁止で、奥の部屋でやらなくてはなりません。他にも店ごとに細かいルールがありますので、それに沿っていればこんなに楽しい空間はありません。男も女も「いい人がいればセックスがしたい」と思って集めっていますので、お酒が入って話が盛り上がれば通常で落とすよりも全然確率が高いと言えます。しかし全くハプニングが起きない日もありますので、根気強く通うことと常に気持ちを切らさないで積極的にアプローチに行くことが大事です。関係性は基本的に店内だけで終わりますので、思い切ってキャラを変えてみるのもいいですし、失敗しても外に引きずることはありません。
また、各お店には常連客がいて、店員と相当仲の良い人がいます。常連客はお店のことを知り尽くしていて、初めて来たお客さんを取り込むのも上手く、話も進むし何より手慣れていますので、相当有利な立場にあります。また「自分は常連」というプライドもありますので、初めて入る店ではまず常連さんと仲良くなり、色々話を聞いてみるのも必要になるかと思います。常連に嫌われれば、その店をリピートすることが難しくなります。また常連と同じように店員とも仲良くなる必要があるでしょう。店員は初めての人に特に優しく、気を使って話題を振ってくれたり、ハプニングが起きたらそこに参加できるように促したりしてくれます。リピートしてもらうために、ハプニングバーを楽しめるように機転を効かせてくれます。初めての方はなるべく店員さんの気遣いに甘えて、常連さんにも気を使ってガツガツ行かないのがいいでしょう。空気を読まずに自分勝手に振る舞ってしまうと周りの空気も悪くなります。気持ちはわからなくありませんが、各お店のルールや暗黙の了解がありますので、リピートすることを考えたらまずその部分を理解することから始めましょう。
ただこのようにハプニングバーに行くのも良いですが、デリヘルでも初対面の女の子を待つドキドキ感・質の良い女の子とのエッチな時間を楽しむことができます。

関連記事

五反田デリヘルと24時間営業

五反田デリヘルと出費

NO IMAGE

仙台にある激安デリヘルの特徴

京都デリヘルと様々な思い

品川デリヘルでの再会

新宿デリヘルと高級デリヘルのシステム